YouTube ~中山道 旅日記~

中山道 旅日記 #1 初日①【日本橋~板橋宿】 街道歩きの旅

 2014年8月5日、東京の日本橋から2度目の街道歩き、中山道の旅へと出発しました。前年の東海道の旅の反省を活かして旅の前日は酒も飲まず、さわやかな旅立ちとなりました。目指すは東海道と同様京都の三条大橋ですが、今度は「木曽路はすべて山の中である」と島崎藤村が小説「夜明け前」の冒頭に書いたように、険しい山道が待っているはずです。それでも爽やかな気分で出発した私は、気持ちよく高揚した足取りで歩き始めました。しかし、旅は2度目と言ってもまだまだ経験不足、その高揚感がやがてトラブルの原因の一つにもなって行きます。「中山道 旅日記」の始まりです!



中山道 旅日記 #2 初日②【板橋宿~戸田の渡し】 街道歩きの旅

 2014年8月5日、東京の日本橋から2度目の街道歩き、中山道の旅へと出発しました。日本橋を出発して最初の宿場、板橋宿は「平尾宿・仲宿・上宿」に分かれる大きな宿場でした。板橋の名前の由来となった橋や「縁切榎(えんきりえのき)」などを見ながらにぎやかな商店街となっている宿場を抜けると、その先には都内で2か所だけ現存するという志村一里塚がありました。そして荒川にぶつかった中山道は「戸田の渡し」、現在の国道17号線戸田橋を渡るといよいよ埼玉県へと入ります。「中山道 旅日記」、初日第2部の始まりです!



中山道 旅日記 #3 初日③【戸田の渡し~上尾宿】 街道歩きの旅

 2014年8月5日、東京の日本橋から2度目の街道歩き、中山道の旅へと出発しました。荒川を越える戸田の渡しを過ぎると、中山道2番目の宿場、蕨宿へと入りました。きれいに整えられた宿場の雰囲気に地元の方々の故郷への思いを感じながら気持ちよく歩き、次の宿場浦和宿を目指します。途中道に迷いながらもそれも楽しく、浦和宿手前の調(つき)神社では狛犬ならぬ狛兎(うさぎ)を見ました。武蔵一宮の大宮氷川神社一の鳥居を過ぎると、今では新幹線を始めとした大きな鉄道のターミナルとなっている大宮宿です。そうして日も暮れてくるなか、今日のゴール上尾宿までもうひと踏ん張りしなくてはなりません。「中山道 旅日記」、初日第3部の始まりです!



中山道 旅日記 #4 2日目①【上尾宿~鴻巣宿】 街道歩きの旅

 2014年8月5日、東京の日本橋から2度目の街道歩き、中山道の旅へと出発しました。2日目は真夜中に上尾宿のスーパー銭湯を出発、寝静まる桶川宿で古い旅籠の建物などを見ながら歩き、次第に夜が明けてくるなか鴻巣宿へと到着しました。真夜中の虫の声、夜明け前の鳥のさえずり、そして朝日のなか人の活動が始まるという時間の移り変わりを感じ、いよいよ旅は始まったんだなとの思いを深くしました。「中山道 旅日記」、2日目第1部の始まりです!



中山道 旅日記 #5 2日目②【鴻巣宿~熊谷宿】 街道歩きの旅

 2014年8月5日、東京の日本橋から2度目の街道歩き、中山道の旅へと出発しました。2日目、鴻巣宿で朝食を済ませたあと箕田の追分で箕田源氏の歴史に触れ、JR高崎線と並行しながら間の宿吹上まで歩きました。遠くに富士山を眺める有名な浮世絵の景色に思いを馳せ、高崎線に分断された旧中山道の話を地元の方にお聞きし、やがて荒川の土手につきあたるところまでやって来ました。目の前に広がる風景は猛烈な暑さと相まって、昔の旅人の姿をしのばせます。「中山道 旅日記」、2日目第2部の始まりです!



中山道 旅日記 #6 2日目③【熊谷宿~深谷宿】 街道歩きの旅

 2014年8月5日、東京の日本橋から2度目の街道歩き、中山道の旅へと出発しました。炎天下、英泉の浮世絵に描かれたような荒川の土手を歩き、久下の間の宿では静かに佇む歴史の道標に出会い、熊谷の駅前までやってきました。暑さに加えて夜中から歩き始めた疲労もあり、熊谷でくじけそうになりましたが一本の電話に救われます。そうして次の宿場深谷での宿も決まり、再び元気を得て歩き出しました。「中山道 旅日記」、2日目第3部の始まりです!



中山道 旅日記 #7 3日目①【深谷宿~本庄宿】 街道歩きの旅

 2014年8月5日、東京の日本橋から2度目の街道歩き、中山道の旅へと出発しました。深谷宿の旅籠を出発した3日目の朝は、スマホやバッテリーの充電がうまく行っておらず、足の手入れなどをしながら少しゆっくりとした時間を過ごしてから出発することになりました。渋沢栄一にゆかりの深い深谷宿を過ぎると、遠くまで広がる畑の景色や路傍の道祖神に心惹かれながら真夏の太陽の下を歩いて行きました。そうして、中山道最大にして随一の賑わいを見せたという本庄宿へと到着しました。「中山道 旅日記」、3日目第1部の始まりです!



中山道 旅日記 #8 3日目②【本庄宿~新町宿】 街道歩きの旅

 2014年8月5日、東京の日本橋から2度目の街道歩き、中山道の旅へと出発しました。盲目の国学者、塙保己一ゆかりの本庄宿を過ぎると、なんだか体の調子が悪くなってきました。そこで大きな楠の木のある神社で少し眠って休みました。再び元気になり歩き始めると、いよいよ埼玉県と群馬県の境、神流川へとやってきました。そして戦国時代の古戦場跡を偲びながら川を渡り、群馬県最初の宿場、新町宿へと入ります。「中山道 旅日記」、3日目第2部の始まりです!



中山道 旅日記 #9 3日目③【新町宿~高崎宿】 街道歩きの旅

2014年8月5日、東京の日本橋から2度目の街道歩き、中山道の旅へと出発しました。神流川を渡り群馬県最初の宿場、新町宿を過ぎると、今度は烏川を渡り倉賀野宿へと差し掛かりました。倉賀野宿には利根川水系の最上流の湊、倉賀野河岸があり、中山道と日光例幣使街道の追分もありました。辺りはすっかり暗くなってしまい、そんな水陸交通の要衝として栄えた倉賀野宿を痛む足を引きずって通り抜け、何とか気力だけで高崎へとたどり着いたのでした。「中山道 旅日記」、3日目第3部の始まりです!



中山道 旅日記 #10 4日目①【高崎宿~安中宿】 街道歩きの旅

2014年8月5日、東京の日本橋から2度目の街道歩き、中山道の旅へと出発しました。ようやくたどり着いた高崎では、思いがけず快適なネットカフェで眠ることが出来ました。しかし翌日の朝、痛む足にはやはり不安が残り途中雨も降りだすなか、残り400kmを越える道程が心配にもなってきました。そうしてなんとか安中までやってきましたが、やはり足が痛み貼っていた湿布を新しいものに貼りなおしたりしたのでした。「中山道 旅日記」、4日目第1部の始まりです!



中山道 旅日記 #11 4日目②【安中宿~松井田宿】 街道歩きの旅

2014年8月5日、東京の日本橋から2度目の街道歩き、中山道の旅へと出発しました。旧安中藩郡奉行(こおりぶぎょう)役宅などの古いたたずまいを残す安中宿を過ぎると、街道は徐々にゆるやかな上り坂となってきました。そうしたなか、足の痛みも次第にひどくなってきました。雨のなか痛む足を引きずってようやくたどり着いた松井田で、その痛みは限界に達してきました。中山道の難所、碓氷峠を控えて不安は募ります。そこで松井田でなんとか宿が見つからないかと探してみることにしました。「中山道 旅日記」、4日目第2部の始まりです!



前のページにもどる